水泳で日焼けの危険信号!【シミ対策はこうやって♪】

水泳で日焼けの危険信号!【シミ対策はこうやって♪】

全身のケアで、シミの予防を!

水泳は、水着の着用により、肌を露出することが
多いため、日焼けによるシミやそばかすが
できてしまうことがよくあります。

 

顔の部分だけではなく、背中や、腕、手や、
足の部分などまんべんなくケアすることに
よって、シミを予防していきましょう!

 

シミケアといえども、日焼け止めを塗った
としても、泳ぐことによって、日焼け止めは、
水でとれてしまいますよね!

 

そのため、普段のケアとは違ったケアを
おすすめします。

日焼けする前のケアがおすすめです♪

水泳が終わった後は、日焼けをしています。
恐らく、日焼け止めクリームを塗ったとしても、
日焼け止めの効果がなかったりします。

 

シミは、日焼けをしてからすぐにでるものでは
なく、あくまでも、紫外線を浴びることに
より、メラニン色素が過剰に分泌され、
日焼けというサインをあらわします。

 

そこで、メラニン色素が一定量よりも増大して
はじめて、シミとなって現れるのです。

 

 

泳いだ後は、しっかりケアしていきましょう!

水泳が終わった後は、顔や全身にしっかりと
保湿ケアと美白のケアをしましょう。

 

日焼け後の肌は、乾燥していて、十分な
水分の補給が大切なのです。

 

水泳後の保湿と美白でおすすめの成分としては、
ビタミンC誘導体、アルブチン、ヒアルロン酸
などです。

 

寝る前のケアとしては、シミを未然に防ぎ、
メラニン色素の発生を抑える効果の高い、
ハイドロキノンが含まれている美容化粧品(ホワイティシモの口コミとか書いてます)での
スキンケアをおすすめします。